人気ブログランキング | 話題のタグを見る


風水面白情報


by s-kanayori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お願い

当ブログのコメント欄は、記事についての感想に限らせてください。
風水に関する具体的なご相談はseisui-k@hh.iij4u.or.jpまでメールでお願いいたします。

こちらのホームページもよろしく。
「しあわせの風水術」

記事ランキング

ライフログ


金寄靖水の風水学校―いま本物を伝える時が来た


仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100)


不運を強運にする「風水学校」実践編


別冊ランドネ 全国パワースポット完全ガイド (エイムック 1911 別冊ランドネ)


これがホントに役立つ風水。 (宝島社文庫)


飾るだけで幸運を呼びこむ フラワー風水

カテゴリ

全体
ヘッダー
風水耳より話
開運のツキ
風水アイテム
セミナー情報
健康情報
教室情報
出版・掲載
鑑定のご案内

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

お気に入りブログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新のトラックバック

最新のコメント

久しく先生のお姿をテレビ..
by たば at 18:38
先生も以前、コメント欄に..
by たかし at 00:19
読者としてはこの様な師弟..
by あなたが悪い at 12:09
先生は、開運を生徒さんに..
by 生徒です at 21:17
保坂さん、皆が悲しみ、心..
by 生徒 at 10:21
お弟子さんに、無断で、裏..
by みつば at 08:55
これからの、ことを考える..
by きいらん at 16:47
申し訳ないのですが師匠さ..
by chi5890 at 13:12
保坂マシトシさんは、本当..
by めきりん at 02:26
古い記事ですがたまたま見..
by らむぴー at 18:56

ファン

ブログジャンル

画像一覧

新著、発売! 書店で買えます

新著、発売! 書店で買えます_c0079826_1444958.jpg

明日、全国のコンビニで私の新著「これがほんとの風水。」が宝島社から出版発売されます。
本著は168編の風水的開運生活法をまとめたものです。
風水と言えば開運!しかないと思われている方が多いようですが、その他にも様々な面があります。
環境思想としての風水・氣のエコロジーとしての風水・文化人類学、民族学としての風水・中国哲学、思想としての風水・兵法としての風水・環境デザインテクノロジーとしての風水などなど挙げだしたらきりがありません。
本書では「氣の生活術」としての風水を切り口としてまとめました。氣の生活術という表現は、過去にも気功の先生など多くの方々が言われています。
私は氣の生活術を「新たな活き活きとした生活を営むための氣の手段・術」という意味で用いています。
私たちは普段、何気なく生活していますが、そこには様々な氣が流れてひびきあったり、つながっています。それぞれの氣を上手く活用したり活性化することが出来れば、私たちの生活は格段に良くなるのです。日々の生活の中から紡ぎ出される氣の綾が、ゆっくりではありますが着実にあなたの開運生活を築いていきます。本書にはその方法が168編紹介されています。
本書があなたの開運生活のお役に立つことができれば、たいへん嬉しく存じます。
本書はコンビニだけでなく、書店でもお買い求めいただけます。
by s-kanayori | 2007-02-28 14:04 | 出版・掲載 | Comments(8)
Commented at 2007-03-02 16:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-02 17:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-02 17:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちよこれいと at 2007-03-02 23:55 x
買ってきました(≧∇≦)/”
Commented by ooみきoo at 2007-03-05 21:36 x
4日、風水講座初級1 ありがとうございました。
早速、できることから開始しています!
最後の最後、玄関前の樹木と電柱のアドバイスありがとうございました!

風水講座2 楽しみにしています♪
Commented by 財布と風水 at 2007-03-07 17:31 x
これが本当の風水、読んでみます。
Commented by 望月 岳陽 at 2007-03-16 23:49 x
今日、書店で購入し(以前、風水学校も購入済み)、すぐに拝読させて頂きました。私も10年も前から、日本の巷に溢れる”間違った風水”には呆れていました!先生のお説が真実と共感をしている次第です。これからも益々のご活躍を祈ります。
(以下は、公表されず削除されて結構です)
 実は、私は日本初の「風水による姓名判断」(「天命数霊術」PHP研究所からの著作権)を開発し、”数”に関しましては35年の研究をしている者です。誠に恐縮ですが、先生の「これがホントの風水」の35ページ「18」の解釈の中で、「8は末広がり!」と記載されていますが、これは風水ではなく、単に霊峰富士を想像する”日本人の庶民感覚”なのです!漢用数字は中国から伝播されたもので、「漢和大字典」(学研;藤堂明保著)の110ページの語源にもありますように、「分ける」の上の部分が「八」になったのです。ですから「末広がり」ではなく、「分かれる」と言うのが本来の語源です。差し出がましいことで失礼しました。
 なお、お手すきの折、私のホームページをご高覧頂ければ幸甚です。(「望月 岳陽」で検索。)
Commented by ゆう at 2007-06-09 12:01 x
この本に載っているとおりに、アルミホイルをキッチンの流しやトイレに置いたところ、一人なのでOKチェックができないのですが、なんとなく室内の気が変わったのが分かりました。
ところで、住んでいる土地の地磁気が少ないと、丹田に力が入りずらいと思うのですが、もしよかったら、次回の本に改善方法を載せていただけると助かります。

これからも先生のご活躍応援しています。(^▽^)♪