人気ブログランキング | 話題のタグを見る


風水面白情報


by s-kanayori

お願い

当ブログのコメント欄は、記事についての感想に限らせてください。
風水に関する具体的なご相談はseisui-k@hh.iij4u.or.jpまでメールでお願いいたします。

こちらのホームページもよろしく。
「しあわせの風水術」

記事ランキング

ライフログ


金寄靖水の風水学校―いま本物を伝える時が来た [PR]


仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100) [PR]


不運を強運にする「風水学校」実践編 [PR]


別冊ランドネ 全国パワースポット完全ガイド (エイムック 1911 別冊ランドネ) [PR]


これがホントに役立つ風水。 (宝島社文庫) [PR]


飾るだけで幸運を呼びこむ フラワー風水 [PR]

カテゴリ

全体
ヘッダー
風水耳より話
開運のツキ
風水アイテム
セミナー情報
健康情報
教室情報
出版・掲載
鑑定のご案内

以前の記事

2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

お気に入りブログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新のトラックバック

最新のコメント

先日は楽しく、ためになる..
by 山下美保 at 11:24
久しく先生のお姿をテレビ..
by たば at 18:38
先生も以前、コメント欄に..
by たかし at 00:19
読者としてはこの様な師弟..
by あなたが悪い at 12:09
先生は、開運を生徒さんに..
by 生徒です at 21:17
保坂さん、皆が悲しみ、心..
by 生徒 at 10:21
お弟子さんに、無断で、裏..
by みつば at 08:55
これからの、ことを考える..
by きいらん at 16:47
申し訳ないのですが師匠さ..
by chi5890 at 13:12
保坂マシトシさんは、本当..
by めきりん at 02:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

脈流と脈運のさらなる深い意味とはたらき-2

脈流と脈運のさらなる深い意味とはたらき-2 _c0079826_16285841.jpg
前回、宇美八幡社と井野八幡社で得た「自分で産み出す能力」に何か物足りなさを感じたところまでお話をしました。
今回はその続きです。

宇美八幡社と井野八幡社の後に昼食に行ったのですが、その時に生徒さんから、まだ時間があるので「鮎帰りの滝に行きませんか?」とご提案。
私は何も考えずに、行きましょうと返事をして、そこに向かいました。
脈流と脈運のさらなる深い意味とはたらき-2 _c0079826_16290274.jpg
宇美町にある鮎返りの滝。
行くまでは観光用の滝ぐらいにしか思っていなかったのですが、たどり着くとそこは滝行場でした。

以下は私の幻視譚としてお読みください。

ここに祀られています仏を供養しておりますと、仏に軽く怒られました。

お前は僧なのに、仏を忘れている。
宇美八幡社と井野八幡社で得た、産み出しと結びの力だけでは、脈運は成就しない。
仏の慈しみ、育てるはたらきが必要。

この啓示から、井野八幡社で行った所作に、育みかたちに成していく所作を加えた、新たな所作を参加メンバーに伝えると、なんと、太陽の光が私の腹部に照射されたのです!

これは分かりやすい。
所作の際、腹部に光の輪をイメージしてください、と伝えてもなかなかイメージできません。
それがこの写真を見ると、簡単にイメージができるのです。

日本の神は父的なはたらき、仏は母的なはたらきがあると、私は捉えています。
日本には神と仏のはたらきが必要だと考えています。

まとめますと、宇美八幡社と井野八幡社、そして鮎帰りの滝で得た「脈運と脈流」のはたらきが「産み出し、結びつけ、育み、事象として成していく力」である事が分かったのです。

しかし、ここで分からない事が生じできます。
それは、「産み出し、結びつけ、育み、事象として成していく力」とは、何を産み出し、どのように結びつけて育み、どのような事象にしていくのか?
それが明確にならないのです。

と言うのは、セミナーでは特定の開運目標を設定すると、効果無し。
何も考えずに所作を行うと、全ての開運目標が事象化される。

開運目標を設定すると、「産み出し、結びつけ、育み、事象として成していく力」が生じないのです。

開運目標を設定しないと、「産み出し、結びつけ、育み、事象として成していく力」が生じるのです。

これをどのように解釈すれば良いのでしょうか。
ここから新たに脈運と脈流について考え直すことにしました。

それが「在りたい私」と「成りたい私」につながっていくことになりました。
これらについては、回を改めてお伝えします。


by s-kanayori | 2023-09-06 16:31 | 風水耳より話 | Comments(0)