人気ブログランキング | 話題のタグを見る


風水面白情報


by s-kanayori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お願い

当ブログのコメント欄は、記事についての感想に限らせてください。
風水に関する具体的なご相談はseisui-k@hh.iij4u.or.jpまでメールでお願いいたします。

こちらのホームページもよろしく。
「しあわせの風水術」

記事ランキング

ライフログ


金寄靖水の風水学校―いま本物を伝える時が来た


仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100)


不運を強運にする「風水学校」実践編


別冊ランドネ 全国パワースポット完全ガイド (エイムック 1911 別冊ランドネ)


これがホントに役立つ風水。 (宝島社文庫)


飾るだけで幸運を呼びこむ フラワー風水

カテゴリ

全体
ヘッダー
風水耳より話
開運のツキ
風水アイテム
セミナー情報
健康情報
教室情報
出版・掲載
鑑定のご案内

以前の記事

2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

お気に入りブログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新のトラックバック

最新のコメント

先日は楽しく、ためになる..
by 山下美保 at 11:24
久しく先生のお姿をテレビ..
by たば at 18:38
先生も以前、コメント欄に..
by たかし at 00:19
読者としてはこの様な師弟..
by あなたが悪い at 12:09
先生は、開運を生徒さんに..
by 生徒です at 21:17
保坂さん、皆が悲しみ、心..
by 生徒 at 10:21
お弟子さんに、無断で、裏..
by みつば at 08:55
これからの、ことを考える..
by きいらん at 16:47
申し訳ないのですが師匠さ..
by chi5890 at 13:12
保坂マシトシさんは、本当..
by めきりん at 02:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

内部情報を引き出す

内部情報を引き出す_c0079826_12353685.jpg
鯛生金山で体内に集めた金運パワーを、どのようにして引き出し、現象化させれば良いのか?

これが今回の福袋ツアーにおいて、一番の要となります。

いろいろ考えた中で、先天五行の関係を用いることで可能になるのでは?と考えました。

金に対して木ですから、木氣を用いれば良いと考えました。
木氣は振動、風などの意味がありますから、ここは呼吸による振動で金氣を発動させれば良いのでは、となります。

では呼吸をするのに相応しい場所は?
と考えると、後天五行では木氣は火氣を生じ、火氣は金氣の在り方を変えます。
ということは、阿蘇山となるのですが、そこは天氣であり火氣でもあるので、そこではありません。

阿蘇とつながる場所で、阿蘇と感応する場所、さらにパワースポット。
それは押戸石しかありません。

押戸石では古代、シャーマンが阿蘇の火の神を拝んでいた場所ではないかと、私は考えています。

押戸石にはいくつもの岩があり、それぞれはたらきが違います。
これらの中で阿蘇山とつながる岩を探し、ここで体内の金氣を震わせ発動される風の呼吸(このネーミングは鬼滅の刃以前に得た、押戸石での啓示によります)
で阿蘇とつながる瞑想法を行いました。

これで金運発動!とはなりません、
次は自身のアンテナ強化です。
これを阿蘇山山上神社で行います。






# by s-kanayori | 2022-12-01 12:38 | Comments(0)

2023年 開運「卯」の置物のお知らせ 


来年「癸卯年」の開運置物ができました。


来年の開運キーワードの一つが「筋道を正す」


卯には茂る(しげる)という意味があります。

2023年は、物事の筋道を正して進めていけば開運します。


来年の開運をサポートする卯の置物は、2023年の開運力を体内で豊かに茂らせる「黒色の卯」(黒曜石)。

来年の開運の氣をキャッチする白色の玉は、白玉石。

卯と玉の力で、来年の吉方位の氣を受け、家の隅々にまで吉氣を巡らせ開運力を高めます。


上記の黒色の卯とは別に来年も特別に、開運力をさらに高めるクリスタルの卯の置物十体をご用意することにしました。
クリスタルの卯の置物をお申し込み頂いた方のご自宅の図面、そしてご家族の生年月日などから、来年の開運を特別に祈願いたします。



20221123日現在、お申し込みの受付はしておりません。

お申し込みの方法など詳しいことは、近日中にお伝えします。



# by s-kanayori | 2022-11-23 18:22 | 風水アイテム | Comments(0)

2023年 開運「卯」の置物のお知らせ 


来年「癸卯年」の開運置物ができました。


来年の開運キーワードの一つが「筋道を正す」


卯には茂る(しげる)という意味があります。

2023年は、物事の筋道を正して進めていけば開運します。


来年の開運をサポートする卯の置物は、2023年の開運力を体内で豊かに茂らせる「黒色の卯」(黒曜石)。

来年の開運の氣をキャッチする白色の玉は、白玉石。

卯と玉の力で、来年の吉方位の氣を受け、家の隅々にまで吉氣を巡らせ開運力を高めます。


上記の黒色の卯とは別に来年も特別に、開運力をさらに高めるクリスタルの卯の置物十体をご用意することにしました。
クリスタルの卯の置物をお申し込み頂いた方のご自宅の図面、そしてご家族の生年月日などから、来年の開運を特別に祈願いたします。



20221123日現在、お申し込みの受付はしておりません。

お申し込みの方法など詳しいことは、近日中にお伝えします。



# by s-kanayori | 2022-11-23 18:22 | 風水アイテム | Comments(0)

11月の元氣力アップセミナーのお知らせ

11月の元氣力アップセミナーのお知らせ

テーマ「家の実現力を高める」

 10月のセミナーで、実現力を身に付ける方法についてお伝えしました。
この方法を考えている中で、ひょっとしたら家にも実現力があるのではないか?と考え、方法を探っていましたら、とても奥深い仕組みを見つけました。
現象が生じるためには、それを起こす力=生起力が必要です。
生起力が実現力を生み出すことが分かったのですが、この生起力を家の中に表出させるには、どうすれば良いのか?
これを、以前から考えてきた理論と方法を組み合わせて、家の中に「生起力」を表出する方法ができました。
今月はこの方法についてお伝えします。


●参加対象
今回のセミナーはどなたでもご参加頂けます。

●日時
   
   2022年11月16日(水曜日)
   ・午前の部 11時30分から13時30分   
  
   2022年11月18日(金曜日) 
   
   ・午前の部 11時30分から13時30分
   ・午後の部 19時30分から21時30分 

   2022年11月23日(祝日・水曜日) 
   
   ・午前の部 11時30分から13時30分      

●場所 風水環境システム東京研究所(渋谷)

●各部とも定員9名・受講料6,000円

●お申し込みは受講希望日をご明記の上
seisui-k@hh.iij4u.or.jpまでお知らせください。
FAXは06-6252-8583にお願い致します。



# by s-kanayori | 2022-11-08 14:54 | セミナー情報 | Comments(0)

パワースポットを考える

神社をパワースポットと思い込まされている方が、とても多いように思います。

長年、日本だけでなく海外のパワースポットを巡ってきて、ようやくパワースポットが「意識変容を促す場」である、という考えに至りました。

特定の山間、山頂に存在する特定の巨石や巨木、池、沢、滝などの場所に立つと、意識変容状態になり、通常の意識世界を超えた第六段階の秩序とつながる事が起こります。

第六段階秩序とは、一段階の点、ニ段階の平面、三段階の時空、四段階の時空の連続、五段階は、四段階を自在に移動する精神・意識、六段階は、これらが生じる秩序。

この秩序から、多元世界が三次元世界とかさなり、事象として生じると私は考えています。

秩序から生じる現象をどのように理解し、摂理化するのか?
初めは宗教、次が哲学、その次が数学・物理。
それぞれが摂理化を行なってきたと考えています。

20世紀初頭のロシア神秘思想家ウスベンスキーは、ここに芸術を加えていますが、19世紀末から20世紀初頭のロシアの芸術観と現代とでは違うので、私は芸術を加えていません。

意識変容の場に立つ行者や霊能者たちは、秩序からの情報、例えばアカシックレコードなどから情報を得る事ができます。

しかし、ここで問題になるのは、行者たちが秩序からの情報を正しく受容できるか、否かです。

例えば、空海が四国の行場で求聞持聡明法により智慧を得たのは、空海の資質レベルによるものでしょう。
他の行者が同じことを行じても同様の智慧を得る事ができるかは、不明です。

パワースポットで意識変容状態となって秩序とつながり、超越情報を感得し、啓示を得た行者が、そこに神をみて神社を建立したのではないでしょうか?
その神は、古事記や日本書紀で表されている神ではありませんが、後世記紀の神々と習合されたと、私は考えています。

これらの考察から、意識変容が起こらない神社を、パワースポットとは呼べないのではないでしょうか?

ここで気をつけたいのは、怨霊、霊障、狐狸妖怪、氣場が乱れた場所などに立つと、負の意識変容が起こります。
この負の意識変容と正の意識変容の違いを見分ける能力が必要になります。

パワースポットを考える_c0079826_14202262.jpg

# by s-kanayori | 2022-11-08 14:23 | 風水耳より話 | Comments(0)