風水面白情報


by s-kanayori

プロフィールを見る
画像一覧

お願い

当ブログのコメント欄は、記事についての感想に限らせてください。
風水に関する具体的なご相談はseisui-k@hh.iij4u.or.jpまでメールでお願いいたします。

こちらのホームページもよろしく。
「しあわせの風水術」

記事ランキング

ライフログ


金寄靖水の風水学校―いま本物を伝える時が来た


仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100)


不運を強運にする「風水学校」実践編


別冊ランドネ 全国パワースポット完全ガイド (エイムック 1911 別冊ランドネ)


これがホントに役立つ風水。 (宝島社文庫)


飾るだけで幸運を呼びこむ フラワー風水

カテゴリ

全体
風水耳より話
開運のツキ
健康情報
風水アイテム
セミナー情報
教室情報
出版・掲載
鑑定のご案内

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

お気に入りブログ

検索

その他のジャンル

最新のトラックバック

最新のコメント

失礼いたします。 ..
by 隆 at 11:10
いつも興味深く拝見してお..
by たかし at 21:29
初コメです。実は家族のこ..
by きょうこ at 07:33
こんばんわ~。 以前お..
by あきこ at 21:44
電磁波防磁シールのお値段..
by たかし at 21:33
開運体質に替える方法は初..
by 風水 金運 at 09:15
金寄先生、廣田先生、こん..
by melted_cake at 12:26
いつもお世話になっていま..
by なおみ at 08:58
クリスタルボウル内の水の..
by たかし at 08:07
お世話になっております☆..
by 中山沙織 at 00:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

8月元氣力アップセミナーのお知らせ

2012年 8月の元氣力アップセミナーの日程が決まりましたのでお知らせします。

●テーマ  
「安眠」

今年もまた異常な暑さです。
夜中、暑くて目が覚めることもしばしば。疲れもとれません。
短時間でも熟睡できる方法を風水の視点から考えましたので、お伝えします。

その他、申寅ラインを強化する方法も合わせてお伝えします。

●日時
          平成24年8月22日(水曜日)
           ・午前の部 11時から13時  

           平成24年8月24日(金曜日) 
           ・午前の部 11時から13時*8月1日現在満席となりました。
           ・午後の部 19時30分から21時
            (いつも30分以上はオーバーしています)

 ●場所 風水環境システム東京研究所(渋谷)

各部とも定員9名・受講料6,000円

お申し込みは
受講希望日と時間(午前または午後)をご明記の上seisui-k@hh.iij4u.or.jpまで
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-30 16:37 | セミナー情報 | Comments(0)

8月の大阪茶論会のお知らせ

大阪は朝から30°を超えそうな猛暑が続いております。
暑中お見舞い申し上げます。
さて、8月の大阪茶論会を下記の日程で開きます。
中級クラスを終えられた方のご参加をお待ちしております。
(今回はお盆がある関係で日程が早まっております。)

●昼の部  8月8日(水曜日)午後2時〜
●夜の部  8月8日(水曜日)午後7時〜
●テーマ 
「安眠」+最近の発見etc.

※この所大変有難い事に、沢山の方が茶論会に参加して下さいます。
お申し込みが遅くなりますと、お席がなくなる可能性がありますので、
お早めに下記までメールまたは電話・ファクスにてお申込み願います。

・seisui-k@hh.iij4u.or.jp
・tel 06-6252-8582
・fax 06-6252-8583

茶論会は基本的に第2火曜のNHK文化教室のある週に合わせております。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-30 14:37 | 教室情報 | Comments(0)

福岡セミナー

11月3日に福岡でセミナーを開きます。

テーマは「安心」

何かと不安なことが多い現在。
より良く、安心に生活できる方法を、風水の視点からお伝えします。

●内容
1、住まいの氣を良くする。
2、運気を上げる。
3、電磁波の影響を少なくする。
4、人とのコミュニケーションを豊かにする。
5、「もの」のパワーを上げる。


セミナーの詳細が決まればお知らせします。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-29 06:20 | Comments(0)

ファッションセンスを磨かないと…

c0079826_173205.jpg

知人の森岡 弘さんが本を出版されたので、ご紹介します。

彼は東京で男性ファッションのディレクションやプロデュースをされています。

私はファッションに関しては、とりあえず無難にまとめて着れば良いかというぐらい、ほとんどセンスがありません。

彼にたまにアドバイスをもらいますが、ファッションの基本が分からないので、馬の耳に念仏状態でした。

しかし、彼の本を読んで、なるほど、そうだったんや!と目からウロコ。

年齢を問わず、ファッションが分からない男性諸氏(私も含め)、彼の本から学びましょう。

男がファッションなんて、と思っていたら大間違い!

第一印象を良くして、コミュニケーションがうまく取れるようにするのがファッション。大事なツールです。

「男のお洒落の方程式」講談社
「男の休日着こなしの方程式」
講談社
著者「森岡 弘」
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-28 17:32 | Comments(0)

三合陽宅法と四柱推命

先日、鑑定にお伺いしたお宅も三合陽宅法の好事例だったので、ご紹介します。

門向「甲・卯」
衰氣侵入方位「亥」
神棚設置方位「未」
これで木局三合が形成されますが、亥からの衰氣で逆にダメージがキツくなります。

依頼者の吉神(四柱推命による)が甲。
本来であれば、とても相性の良い家ですが、亥で壊れています。

亥方位の衰氣は、路冲殺+電磁波+水の氣が混じりあったものでした。
これらを一ヵ所で対処するため、今までにない新しい化殺法を考えました。
設置後、OKチェックで確認。大丈夫になりました。

これで甲・卯を旺とする木局三合がパワフルに起動。
家が依頼者の運気に、フォローの風を起こしてくれます。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-27 09:58 | Comments(1)

三合陽宅法、さすが!

先日、鑑定にお伺いしたお宅で、三合陽宅法は現象がはっきり出ることを改めて思い知りました。

宅の坐は「亥」
宅内への衰氣侵入方位「未」

依頼者の生日十二支「未」、生月十二支「亥」
血刄「卯」

これらから、亥・卯・未の三合関係がみえてきます。

未方位から侵入する衰氣を生氣に変えた後、卯方位に蓄電機器が設置されていることに気付き、電磁波対策を施しました。

相談者は、この家に住んでから体調が崩れやすくなったそうです。
坐は健康運に作用します。
坐が亥で、未が衰氣侵入方位、卯が電磁波。生日が未、血刄が卯。これだけ三合の条件が揃えば体調だけでなく、精神的にも落ち着かず、応期に合えば病気や怪我をしやすくなるでしょう。

ですが、卯と未方位の氣を生氣に変容させれば、ものすごいポジティブパワーを相談者に与えてくれます。

調整後、相談者の顔色が良くなり、身体も楽になったと言われました。

香港では三合法は、陰宅に用いるのが主と聞きました。

私は陽宅で用い、これに三元玄空法と八宅法を組み合わせて観ています。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-23 11:25 | Comments(1)

鼎は生成か

c0079826_15174789.jpg

7月8日の日曜日、岡本寺で恒例の乞巧奠(きっこうでん)が行われました。

祭壇に置かれた鼎を見て、これは生成を表しているのではないか、と思いました。

鼎は、古代中国(殷時代)で祭事に用いられた青銅器です。
最初は肉・魚・穀物を煮炊きする土器でしたが、同時に祖先神を祀る際に生贄の肉を煮るために用いられました。
後に青銅器の鼎は、君主や大臣などの権力の象徴として用いられました。(ウィキペディア要約)

鼎は、二つの耳がついた円形の胴体に三本の足によって出来ています。

円形の胴体は無極、二つの耳は陰陽、三本足は陽。
一(胴体)は二(耳)を生じ、二は三(足)を生じ、三は万物を生じる。
これは道家の生成論を表現しているように思います。

だから鼎は祭事に用いられるのでしょう。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-19 15:17 | Comments(0)

心理カウンセリングと風水カウンセリング

鑑定中、心理カウンセリングをすることが多々あります。
この場合、相談者の生年月日と風水環境、そして心理カウンセリング手法を組み合わせて話を進めていきます。すると、早くに相談者が心を開いてくれます。

昔、心理カウンセリングだけを行なっていた頃、なかなか相談者は心を開いてくれませんでした。
両者の違いは何に由来するのか。

普通に考えて、占いや風水だと相談者ははじめから心を開いているからだと考えられます。
しかし、最近になってそれだけではないと、考えるようになりました。

従来の心理カウンセリングは、問題の原因と解決法は、相談者本人の心や精神に在るとします。
(家族や人間関係などの外的環境も考慮されています)

この方法論の根底には、近代ヨーロッパのデカルト的身体論があります。

それに対して風水の身体論には、本人の身体内部の環境だけでなく、外環境(時間・空間)との相関性があり、それらが関連しあうことで、心身状態が作られるとします。

今までの鑑定経験から、心理的・精神的に問題を抱える相談者の多くは、心身だけではなく、風水環境にも原因がありました。

トランスパーソナル心理学のケン・ウィルバーも多元的視点を持つ統合心理学を提唱しています。

心理学にも「氣」の視点が組み込まれる必要があると思います。
(氣の視点を持つ心理学・精神分析・身体論などの好著が出版されています)
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-14 14:41 | Comments(0)

何故、風水は自然科学にならなかったのか?

殷の時代から氣の存在について考察してきた古代中国人。
時代を経て宋の朱子が自然を氣の視点から捉えて考察しました。
この流れから西洋的な自然科学として発達しそうなものですが、なりませんでした。
何故でしょうか。

中国では自然は天地であり、人との相関性により成立つものと読み解きました。

これに対して西洋では、自然と人には相関性がないとみます。
これにより、自然を客観視する機械論的に分析する科学としたのです。

中国は前述のように、天人地は相関しており、分断できない連続する場としてみたのです。
この見方だと、それぞれを分析して再構成を図る機械論的なアプローチは不可能です。
(私は複雑系で風水を読み解けないかと思ってみたのですが、まだ答は見つかってません)

では、何故古代中国人は天人地が相関していると捉えたのでしょうか。

相関するためにはそれぞれに、互いが共振する媒体がなければなりません。
この媒体が「氣」なのです。

天地自然に遍在する氣は、人にも内在する。互いの氣は響きあう。このことを最初に言ったのは孟子だと言われてます。

日本でも古来から、すべての「もの」は響きあい、新たな「もの」を生み出すという「産霊(ムスヒ)」の考えがあります。

西洋人にとって、なかなか理解しずらい「氣」ですが、日本人は理解しやすい。
その背景には、自然を単なる物質の集合体として観るのではなく、生成消滅する玄妙な力と観る遺伝子が在るからかもしれません。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-12 15:29 | Comments(0)

電磁波と水氣が結び付く

先日、鑑定にお伺いした家で、とても興味深い現象を観ました。
家は小さな川に沿った桜並木道に面して建っています。
この川から水氣が宅内に侵入しており、宅内でOKチェックをすると指は開きました。
問題あり、です。

道路と川、そして家の立地状況から考えると、水氣が宅内に流れ込むことは考えられません。
何かしら水氣にはたらきかける力が在るはずです。

それで家の周りをよく観てみると、電線が家を囲むように設置されています。
電線の回りに生じている磁場を観てみると、ある場所で衝突しています。
この場所が川縁で、そこで水氣の流れを誘発し、宅内へと流れ込ませていたのです。

この場所に立ちOKチェックをすると指は開きます。
他の場所では指は開きません。

私の観ている氣の状況が正しいのかどうか。それを確認するために、電磁波対策を主とする化殺法を宅内で行ないOKチェックをしたところ、大丈夫になりました。

氣は複雑に関連しあって気配場を形成しています。
今回は、電線と川の関係について学びました。
ほんとうに風水は奥が深い。
[PR]
by s-kanayori | 2012-07-07 16:30 | Comments(0)