風水面白情報


by s-kanayori

プロフィールを見る
画像一覧

お願い

当ブログのコメント欄は、記事についての感想に限らせてください。
風水に関する具体的なご相談はseisui-k@hh.iij4u.or.jpまでメールでお願いいたします。

こちらのホームページもよろしく。
「しあわせの風水術」

記事ランキング

ライフログ


金寄靖水の風水学校―いま本物を伝える時が来た


仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100)


不運を強運にする「風水学校」実践編


別冊ランドネ 全国パワースポット完全ガイド (エイムック 1911 別冊ランドネ)


これがホントに役立つ風水。 (宝島社文庫)


飾るだけで幸運を呼びこむ フラワー風水

カテゴリ

全体
風水耳より話
開運のツキ
健康情報
風水アイテム
セミナー情報
教室情報
出版・掲載
鑑定のご案内

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

お気に入りブログ

検索

人気ジャンル

最新のトラックバック

最新のコメント

失礼いたします。 ..
by 隆 at 11:10
いつも興味深く拝見してお..
by たかし at 21:29
初コメです。実は家族のこ..
by きょうこ at 07:33
こんばんわ~。 以前お..
by あきこ at 21:44
電磁波防磁シールのお値段..
by たかし at 21:33
開運体質に替える方法は初..
by 風水 金運 at 09:15
金寄先生、廣田先生、こん..
by melted_cake at 12:26
いつもお世話になっていま..
by なおみ at 08:58
クリスタルボウル内の水の..
by たかし at 08:07
お世話になっております☆..
by 中山沙織 at 00:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ビジネス風水鑑定のご案内

企業の風水鑑定は個人宅とは違い、多様で複雑です。
陰の部分(ソフトウエア)と陽の部分(ハードウエア)が人(ヒューマンウエア)によって創発され、発展継承されていきます。
この流れを氣の視点から捉え、停滞しているならば円滑にし、発展させていくのがビジネス風水なのです。

ビジネス風水には二通りの方法があります。
1.戦略的風水
企業の戦略を風水の視点から捉え、長期的視野に基づいたコンサルティングを行います。
2.戦術的風水
オフィスや店舗などの限定された場所のコンサルティングを行います。

●費用(事前調査費含む) ※別途消費税
戦略的風水   50万円〜
戦術的風水    基本鑑定料 10万円 (2時間まで) 以後1時間ごと5万円

費用につきましては事前に資料の調査を行い、算定させていただきます。

●お問い合わせは下記まで
風水環境システム研究所   tel 06-6252-8582 fax 06-6252-8583
E-mail seisui-k@hh.iij4u.or.jp
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-30 20:54 | 鑑定のご案内 | Comments(0)

個人の風水鑑定について

メールに風水鑑定のご質問が多く寄せられております。
当研究所ではホームページに鑑定案内がないため、ブログにてご案内させていただきます。

●個人風水鑑定の流れ
1.事前に・住所・図面・居住者の生年月日などの資料を頂き、状況を調べ改善法を作成します。
2.現地にて鑑定と改善作業を行います。
 氣の状態や運気の状態などにつきましては依頼者の方とOKチェックで確認します。
 状況にもよりますが所要時間は4〜5時間。
3.改善作業後、状況の変化をOKチェックで確認。

●費用
15万円(事前調査費含む+諸費) ※別途消費税 ※諸費には風水アイテムが含まれます。
尚、遠方の場合は別途交通費が必要となります。

事前調査で鑑定が一日で終わらないと判断された場合、費用を算定させていただきます。
この場合は宿泊費が必要となります。

※当研究所では、改善の為に間取りの変更や内装の変更などの指導をすることはありません。現状のままで改善を行います。

●お問い合わせは下記まで
風水環境システム研究所   tel 06-6252-8582 fax 06-6252-8583
E-mail seisui-k@hh.iij4u.or.jp
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-30 20:17 | 鑑定のご案内 | Comments(1)

12月の大阪茶論会

12月の大阪茶論会を下記の日程で開きます。
中級クラスを終えられた方のご参加をお待ちしております。
●昼の部 12月09日(水曜日)午後2時〜
●夜の部 12月09日(水曜日)午後7時〜
●テーマ  「(検討中)」  
※受講ご希望の方は(お席の都合がございますので)事前に下記までメールまたは電話・ファクスにてお知らせください。
特に夜のクラスはお席がなくなる事が多いので、必ずお申込み願います。
又最近は、昼のクラスもお席がなくなる事がございますので、念の為事前にご連絡願います。

・seisui-k@hh.iij4u.or.jp
・tel 06-6252-8582
・fax 06-6252-8583
茶論会は第2火曜のNHK文化教室のある週に合わせております。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-30 17:44 | 教室情報 | Comments(0)

今年最後! 12月の元氣力アップセミナー

今年最後の元氣力アップセミナーの日程が決まりましたのでお知らせします。

●テーマ    
「縁を結ぶ」
人やもの、そして金運との縁を結ぶ強力な方法をお伝えします。

●日時 
平成21年12月16日(水曜日)
平成21年12月17日(木曜日)
          
両日とも
午前の部     11時から13時  ※12月2日現在両日とも満席となりました。
午後の部     19時30分から21時30分

●場所    
風水環境システム東京研究所

●定員   
各回8名

●受講料       
6000円



お申し込みは   seisui-k@hh.iij4u.or.jp  まで
            
 
 ※夜の部、開始時間を午後7時30分〜にしております。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-30 01:33 | セミナー情報 | Comments(0)

香取神宮  氣-リングツアー

c0079826_2127513.jpg

11月18日水曜日、東京の生徒さんたちと香取神宮 氣-リングツアーに行ってきました。
火曜日が雨だったので天候が心配でしたが、当日は晴れ!
寒くもなく、ほどよい暖かさで絶好の日和となりました。

午前9時40分、東京駅八重洲口発のバスに乗り、11時頃神宮に到着。
氣-リングマップに従って境内を回りました。
それぞれのパワースポットで私が説明し、各自OKチェックをされたり、思い思いの方法で氣を体感されていました。
当初、氣-リングマップは私の思いこみや概念的なもので、ほんとうに役立つのか不安でしたが、参加下さった生徒さんたち全員が産霊の力を感じ取られていたようでした。

午後1時前には一通り終わり、昼食です。
地元で人気のお蕎麦屋さんで十割蕎麦とそばがきをいただきました。
今回、私の不手際で参加された方々の紹介が出来なかったのですが、昼食が終わる頃には皆さん打ち解けあい和気あいあいです。

昼食後は「うの」で草団子とコーヒーをいただきました。
「うの」の順子さん、我々のために「香取の杜」というオリジナルコーヒーを用意されていて、これがまた私の好みの味!
何もかもがうまく運ばれています。
これも香取の神様のお陰、それとも生徒さんたちの日頃の行いのお陰でしょうか。

デザートの後は佐原へ移動。
古い町並みの中を散策です。
水曜日はお休みの店が多いようで、お目当ての買い物が出来なかった方もおられましたが、次回のお楽しみです。

帰りも全員、バスに乗れ無事東京に戻ることができました。
私が一番心配していたのが、このバスでした。
香取神宮行きの高速バス、予約が出来ないので、もし他の乗客が多いと全員乗れないことになるかもしれません。
有り難いことに往復共、全員がバスに乗ることができました。

今回のツアーの成功で、氣-リングマップに自信がつきました。
来年には本格的なツアーをしたいと考えております。
今回、ご参加いただけなかった方、次回ご一緒しましょう!

氣-リングマップは12月には香取神宮の参道前のお店で配られる予定です。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-29 22:11 | 風水耳より話 | Comments(0)

癒しから輝くへ   産霊が結ぶ縁

氣-リングマップという名称は、考えたのではなくひらめきから生まれたものでした。
当初は氣が輪(リング)のように広がり、つながっていく。
ヒーリングのように癒しを目的とするのではなく、内にあるポジティブなパワーを導き出し、自らが輝く存在になることを目的とする、などと考えていましたが、当初はまだ概念的なもので納得できるものではありませんでした。
ところが、産霊の意味や神宮のパワースポットの意味やはたらきを知り、氣-リングマップという名称に納得しました。

● 癒しから「輝く」へと導く地図   産霊・言霊・結び
「大気そのもの中に何かが在る。うっすらと霞む山並みや妖しく青い湖面に降り注ぐ明るく澄んだ光の中に、何か神々しいものが感じられる。これが神道の感覚というものだろう」—小泉八雲
神宮を包む自然の中に私たちは神聖な何かを感じることができます。
自然の中に神を見いだす、これが神道の感覚なのです。

自然をかたちづくる空気や光・水・土・風などは、それぞれが互いにひびきあい、新たなるものを生み出します。
日本人は、この新たなるものを生み出すはたらきを産霊(むすび)と呼び信仰の対象としてきました。
産霊は自然だけではありません。人にも産霊があるのです。

心身ともに疲れ、自分を見失っている現代人には産霊の力が欠けているのではないでしょうか。
神宮の聖なる杜は産霊のはたらきに満ちあふれています。
この中に佇み杜とひびきあうことで、私たちの中にある産霊の力が復活してきます。

産霊は「結ぶ」の語源でもあります。
新たなるものが生じればそれは縁となり、また別に生じた縁と結ばれ、両者はまた新たなるものを生じさせます。
「結ぶ」には、ものごとを生じさせる縁起力という意味があるのです。

産霊の力が復活しても、私たちはそれをどのようにして結びにつなげていけばよいのでしょうか。
その為には言霊(ことだま)の力を活用すれば良いのです。
日本人は古来より、言葉には魂が宿るとして言葉の霊力を言霊と呼んできました。
言葉の霊力とは何でしょうか。

先ず「霊」ですが、私はこれを「在ろうとする力・為ろうとする力」と解釈しています。
言霊は、こう在りたい、こう為りたいという想いの力と考えられますから、結びの言葉を発すれば、産霊が結ぶとなり縁を生じることになります。

言葉とは面白いもので、ネガティブな人が発する言葉のオーラはくすんでいます。
対してポジティブな人の言葉は明るく輝き、拡がっていきます。
言霊を氣として捉えると、その波動が拡がり同様の氣と共振し、縁が結ばれます。
ネガティブな人の氣は凶縁と結ばれ、ポジティブな人の氣は良縁・吉縁と結ばれるものです。

ポジティブな言葉には良縁・吉縁を結ぶ言霊が宿ります。
氣-リングマップによって自らの産霊の力を復活させ、さらに言霊で結びの力へと変えることで人は輝きます。
この輝きが良縁・吉縁を招来する源となるのです。
氣-リングマップは私たちの産霊の力を復活させ、人が輝きを取り戻すための地図なのです。

最後に重要なことを付け加えておきます。
人にはネガティブな面とポジティブな面、つまり陰陽があります。
陰陽はバランスですから、ネガティブな面を否定し過ぎるとバランスが崩れ人格が崩壊することがあります。
大事なことは自分の中にネガティブな面があれば、それを否定するのではなく、認めることです。
認めることで、次のステップを考えることができます。
一時流行ったポジティブシンキングが逆にネガティブな人を多く生み出したのは、皮肉なことでした。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-29 21:24 | 風水耳より話 | Comments(0)

香取神宮のパワースポット

香取神宮の地氣が整うと、境内にいくつかのパワースポットが現れてきました。
先ず、大鳥居からしばらくの所。
ここが特に氣が強い訳ではなく、何故パワースポットなのかを考えました。
これが大発見の始まりだったのです。

私は今ままでパワースポットは単独に存在するものだと思いこんでいました。
もちろん、地氣の流れなどに沿って点在するものですから、脈絡はあります。
しかし、それぞれのパワースポットに連続した意味やはたらきがあるとは考えもしませんでした。
香取神宮のパワースポットには、それぞれを繋ぎあわせ巡ることで、私たちに大きな変化を生じさせる力があったのです。
屋久島で考えたヒーリングスポットの考え方を神宮にも取り入れてみたいと考えていた私にとって、この意味とはたらきは予想以上のものであり、神宮や神社の参拝について根本から考え方を変えるものでした。

大鳥居からしばらくの所には、紅葉が参道に沿って神池辺りまで続いています。
この紅葉に何らかの意味やはたらきがあるのではないかと考えました。
紅葉は五枚の葉。五は変化数。変化を促す数なのです。
そして紅葉は団扇のようなかたち。
私たちがこの紅葉のプロムナードを歩けば、頭上の紅葉が心身の汚れを団扇で扇ぐように祓い落とし、心と身体を清浄なるものへと変えていくのです。

次が神池。(写真参照)
ここは大きな池から水が流れだすところで、せせらぎの音が聞こえてきます。
これは、水音による心身の清め。
神池からせせらぎに流れる水音が、自身の内にある滞りを清め流します。

次が総門階段
階段は陰から陽へ誘う装置。
ここでは陰は低いところ、日常を表し、陽は高いところ、聖なる場所を表します。
向かって左(西側)の階段には、地氣の流れの跡が絵模様のように見られます。(写真参照)
西側は自身を空(うつ)にして、産霊(むすび)を享受できる状態へと導く道。
この階段を上がることで、意識が神道の感覚に近づいていきます。

次が楼門前西側
産霊を享受できるように準備をする場所。
直径2mにも満たない場所ですが、聖なる地氣が湧出するパワーポイントがあります。
ここに立ち、聖なる地氣を体内に巡らし、杜の産霊と響き合える心と体そして魂を持ちます。

次が拝殿前  
神様と人が響き合える場所。
狭い心、我欲の人は神と響き合うことはできません。
自分を核として輝き、周りの人たちを輝かせることができる人は、神と響き合うことができます。
自分がこれからどうありたいのか、どうなりたいのか、その結果が多くの人のお役に立つことができるようにと,
あなたの人生計画をここでビジョン化してください。
我欲・小欲にとらわれず大きな欲の実現を願うことが大事です。

次がご神木
ご神木に宿る悠久の生命力を感じ、生命力をいただく場所。
神と響き合い、内なる産霊力を発揮して願いを成就させようとも、自らの生命力が弱くては実現できないので、ここで生命力をいただきましょう。
悠久の時を経て神域の聖なるパワーを宿したご神木に接することで、自身の生命力・ 氣力も向上します。
内なる産霊を活性化させる力を頂きましょう。
宝物館前の杉も隠れたパワースポット。できるだけ近くに寄り、生命力を感じましょう。

次が要石
大地にしっかり足をつける場所。
今までの流れで、あなたの中の産霊が復活してきましたが、産霊の力は大地にしっかりと足を着けていないと発揮できません。
要石は地震を押さえる為に置かれたと言われていますが、ここは地の氣を活性化させるポイントでもあるのです。
ここに立ち、大地の氣を感じてください。

次が押手神社裏杉木立
天地とつながる場所。
大地にしっかりと根付き、天に向かって真っ直ぐに伸びる杉。 
この杉にあなたを重ねてみてください。
ここでいよいよあなたの産霊が動き出します。

最後が奥の宮
心と身体、そして魂を一つにし、より大きな神性とひびきあう場所。
奥の宮は神の荒魂をお祀りしている場所です。
荒魂(あらみたま)とは、神の荒々しい側面、荒ぶる魂です。天変地異を引き起こし、病を流行らせ、人の心を荒廃させて争いへ駆り立てる神のはたらきなのです。
それに対し本殿にお祀りされているのは和魂(にぎみたま)で、雨や日光の恵みなど、神の優しく平和的な側面です。神のご加護は和魂の表れなのです。
一般的に荒魂は荒ぶる神の魂と言われていますが、別の視点から見ますと荒魂は私たちの想いを突き動かす原初的な力であると言えます。
本殿前で願った想いが、本当にあなたの深いところから発せられているのかをここでもう一度問い直してみましょう。
この問い直しが、あなたの心と身体、そして魂を一つにし、神とひびきあうことを可能にします。
そして、それがあなたの産霊をはたらかせ、輝きを発することができるのです。

以上が香取神宮のパワースポットで、それぞれに意味とはたらきがありました。
このことが私にとって大発見だったのです。

私は今まで神社や神宮にお参りしても、単なる参拝しかしてこなかったような氣がします。
神社や神宮は、心や身体、そして魂を変容させ神と響き合えるようにして、私たちの内にある産霊の力を発揚させる場所だったのです。
困った時の神頼みの為に行くような他力本願の場所ではなく、自力を発現させる場所だったのです。

今回の氣-リングマップ作成を通して神社や神宮には、自力発現の為のシステムがしつらえられていることを発見しました。
このシステムはどんな小さな神社にも存在します。
このシステムを知れば、今ままでの神社観や神道観が大きく変わるのではないでしょうか。

今回のお話の中で「産霊」という言葉が出てきました。
これについては次回、詳しくお話をします。





c0079826_18511322.jpg
c0079826_1851296.jpg

[PR]
by s-kanayori | 2009-11-29 18:57 | 風水耳より話 | Comments(0)

岡本寺 秋の大祭

c0079826_1462153.jpg

明日15日、私がお世話になっています明日香の岡本寺で、秋の大祭が行なわれます。

秋は「健康・健脚祈願」を願うお祭りです。
午前が11時から。
午後が1時からです。
お時間が合う方はお参りなさって下さい。

最寄り駅
近鉄橿原神宮駅
送迎マイクロバスがあります。
近鉄近鉄橿原神宮駅東出口
午前10時30分発
午后12時30分発

お問い合わせは
「岡本寺」0744-54-2509
受付は午后8時まで
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-14 14:06 | 風水耳より話 | Comments(0)

己丑年との相性を良くする  最後のセミナー

今年は何かと問題が多く発生する年です。
やはり「丑」というのは何か突き動かす力があるのでしょう。

先日、ある方から「今年は丑年なので、牛頭天王様が祀られている神社にお参りに行きました」と聞きました。
私はなるほど、それはあるな、と思いました。
新型のインフルエンザも牛頭天王と結びつけることができます。
と言っても一種の説話伝承ですから、ヒントとして捉えると良いと思います。

今年は時空間の乱れだけではなく、生年月日に丑と連動する十二支を二つ以上お持ちの方に現象が起こりやすいことが分かりました。

時空間の乱れに対する対処法は今ままでの元氣力アップセミナーでお伝えしました。
ほとんどの方はこれで十分ですが、丑と連動する十二支を二つ以上お持ちの方に対する対処法についてはまだお伝えしておりません。

17日の元氣力アップセミナーでは、時空間の乱れに対する対処法と、丑と連動する十二支を二つ以上お持ちの方に対する対処法についてお伝えします。

今年も残り少なくなってきましたが、丑年は来年2月まであります。
本テーマのセミナーは今回が最後です。

元氣力アップセミナーの日程を再録しておきます。
●テーマ    「時空間軸のブレを直す-まとめ」
●日時     平成21年11月17日(火曜日)
           午前の部 11時から13時 (※11月12日現在満席)
           
           午後の部 19時30分から21時(※空席あり)

●受講料       6000円



お申し込みは   seisui-k@hh.iij4u.or.jp  まで
            
 ※研究所でのセミナーは日程の都合により、火曜日の開講となります。
 ※夜の部、開始時間を午後7時30分〜にしております。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-12 15:53 | セミナー情報 | Comments(1)

香取神宮

c0079826_17373430.jpg
c0079826_17381466.jpg


十月の初旬、下見のため香取神宮に行きました。
香取神宮までは、東京駅八重洲口発の高速バスに乗れば一時間強で着きます。
電車だととても時間が掛かりますが、バスだと楽に行けました。

神宮が位置するところは亀甲山と呼ばれています。
「亀甲」と聞いただけでこれは明らかに道教に関連していることが分かります。

神宮は、物部氏が東北制圧のため、経津主神(フツヌシー石上神社と同じ主祭神)を勧請されたのが始まりとされています。
物部氏没落後、中臣氏(後の藤原氏)が主となりますが、この頃に道教的風水が導入されているのかもしれません。
また、建立当時から考えると都から遠く離れた東国の神社に、何故「神宮」とされたのかなどなど様々な疑問が湧いてきます。

さて、緑豊かな境内は清々しく、凛とした気配に包まれています。境内全体を回り、地氣の状態をOKチェックで確かめます。

地氣が調ったことを確かめてから、パワースポットを地図上から探しました。
パワースポットの確認は次回の作業となりました。

今回のお話しを頂いた阿部順子さんのお店が「うの」
商店街が昔ながらのお土産屋さんという景色の中、一軒だけ「うの」の雰囲気が違います。
コーヒー好きが高じて生豆をお店で焙煎、そしてドリップで淹れる(サイフォンでないところが本物指向)というこだわり。
もう一つの名物が手作りの「草団子」。コーヒーに合います。
一日の締めくくりにコーヒーと団子。これが意外に合うんてすね。ほっとします。

パワースポットについては次回お伝えしますが、これが私に神社を観る目を大きく変えました。ほんとうにスゴいです。
[PR]
by s-kanayori | 2009-11-10 17:39 | 風水耳より話 | Comments(0)